はじめての方へ

はじめての方へ

気持ちを受けとめる。結果ではなく努力やがんばってきたことを認める。
それが、全肯定®の世界です!

心理カウンセラーとして、これまで3000人を超える方々の話を
聴かせていただいた中で、いつも強く感じることがあります。

それは、“心を許せる相手がいない”“自分の居場所がない”と感じている人
言いようのない孤独感や空虚感、無価値観を感じている人がとても多いということです。

なぜでしょう?

それは気持ちを受けとめてもらえる機会が、極端に少なくなったからだと思うのです。
多くの人が、悲しんでいる人に“強さ”を求め、寂しがっている人に“ガマン”を求め、
うまくいっていない人に“努力やがんばること”を求めます。
よくしたい!よくなりたい!と、お互いに成長することを求め続け、
それが、否定を生み、競い合いを生み、傷つけ合うことにつながってしまうのです。

その結果、多くの人が自分の気持ちを抑え、本当の自分ではない自分を生きています
だから、周りの人の気持ちも認めることができないし、受けとめることもできない。
人とのつながりや絆を感じることができない。
やがて居場所がなくなり、孤独感、空虚感、無価値観を感じるようになるのです。

人が本質的に求めているものは、“あたたかさ”と“安心感”です。
それらは、周りの人に“認められ”“受け入れられる”ことで感じます。

“認める”というのは、うまくいっていること、ポジティブなものだけを認めるということではありません。
大切なのは、ネガティブなもの(気持ち)も含めて、“全てを肯定する”ということです。

悲しんでいる人、苦しんでいる人にアドバイスをしたり、変わることを求めるのではなく、
「それは悲しいね。つらかったね」と、まずはその気持ちを受けとめる
うまくいっていない人には、「がんばってるのはわかってるからね。よくがんばってきたね」と、
結果がどうであれ、努力やがんばってきたことを認める。それが、全肯定の世界です!