長谷川すみえ/ZOOM1期卒業

全肯定!心理カウンセラー 長谷川すみえ
~「性被害」「性依存」による心の傷を癒やす専門家~

★ブログ https://ameblo.jp/sumi-m/

プロフィール

◆10代の頃、信頼していた人から性的な被害をうけました。

しかし、その出来事の核心部分の記憶は欠けており、また感情が伴っていませんでした。
記憶をなくし、感情を抑え続けることで、私はその出来事に恐怖を感じずに済みました。
しかし結婚後、それは「無意識の行動」として影響を及ぼし始めたのです。
結婚当初は、何も感じることなく触れる事が出来たのに、徐々に夫とのスキンシップに、
恐怖を感じるようになり、ある日は、突き飛ばすように夫を拒否してしまいました。
嫌いな訳でも愛していない訳でもないのに、夫に触れることができない。

 

◆ストレスからか?病気なのか?

様々な講座に参加しても、ネットの情報を参考にしても、私の症状が改善する事はありませんでした。
夫との関係はギクシャクしてゆき、私はコントロールできない嫌悪感に、一人悩み苦しんでいました。

 

◆転機は、全肯定カウンセリングとの出会いでした。

カウンセリングの中で、過去の出来事に辿り着き、
「記憶がないのに、すごくすごく怖くて動けなくなる…」という体験をします。
なくした記憶の奥に「大きく傷ついた自分」がいると、24年かかってようやく気付くことが出来たのです。

 

◆性被害の根本にあるのは

「嫌と言えない、断るのが苦手」な自分でした。
その場から逃げられず固まって耐え、辛すぎる記憶を消し去り、自分の中に置いたいい子の自分に委ねる。
そんな事を繰り返し、生きてきた。だから、何度も危険な目にあってしまう。
そのことに気がついたのです。
カウンセリングを受け、少しずつ自分の気持ちがわかるようになりました。
恐れを乗り越え、その時の悲しみ、失望感を癒すことができたのです。
そして、自分が緩み穏やかになる事で、パートナーとのスキンシップで感じていた嫌悪感も
感じることがなくなり、家庭も明るく柔らかな雰囲気になりました。
私は、カウンセリングを通して、自分の心を癒し大切にできるようになったのです。

 

◆この全肯定カウンセリングを、過去の私と同じように苦しんでいる方に届けたい。

その想いで、私は全肯定!カウンセラーになりました。
他人になかなか話しにくい事、言葉にするのが怖い事、思い出すことができない事、
それは、同じ経験をしたものとして充分に理解できます。
焦らずゆっくりと向き合うサポートを、させて頂きたいと思います。